教育・資格を創造する

JAGATオンライン試験システム株式会社

クラウド音声面接システム提供サービス

クラウド音声面接システムは企業の面接をサポート。スマートフォンで受けた受験者の音声と映像がクラウドサーバーに保存されます。受験者はいつでも、どこでも面接が受けられ、人事担当者もいつでも映像で確認できます。ですから、受験者と面接者の時間調整が要りません。地方受験者や、海外の学生も受験出来て、受験生の増大が望めます。

概要

本システムは、インターネットを利用し、パソコンおよびスマートフォンにより遠隔で面接を実施するシステムです。

面接の応募者は、企業より面接IDを発行してもらい、パソコンまたはスマートフォンにより、本システムにログインして面接を受けることができます。応募者はまず証明写真を撮影してアップロードし、その後続けて企業が用意した質問音声、質問動画に対して、音声で回答をしていきます。

 

面接の回答および写真はセキュリティのあるWEBサーバーに保存され、企業担当者は管理画面上で閲覧および回答を視聴をすることができます。管理画面では応募者ごとに評価・進捗を設定し、選考情報を管理することができます。

導入のメリット

クラウド音声面接システムを利用することで、採用する企業様と面接志望者が実際に会わなくても面接を設定できます。新型コロナウイルス感染防止対策、いわゆる3密を回避面接にもなりますが、それよりも下記のようにこの自動遠隔面接システムの導入により以下のメリットがあげられます。

  1. 人材確保の強力な武器となる
  2. 志望者は何時でも、何処でも、好きな日に受験できるため、面接希望日の調整などの必要が無い。多くの志望者に受験機会を与えることができて、より多くの志望者を集めることが出来ます。

  3. 遠隔地の応募者が増大
  4. 地方や遠隔地に居住する志望者は、面接日程の調整や交通費の負担などの問題から応募しにくいのが実情です。オンライン面接では特に地方在住者が増加する傾向があります。実際にオンラインシステムを使った他の検定試験などでも地方在住者の比率が大幅に増加しています。


  5. 面接の管理と質の向上
  6. 面接対応の時間の軽減されます。また、一次面接などに担当者だけでなく、役員等の肉声で質問を投げかけるなど、先進性を示すことも出来ます。
    なお、志望者の回答はデータ化されるため、複数の志望者の回答を比較しながら評価していくことが可能になります。

  7. 志望者の人柄の掌握ができる

  8. 本来、人柄を把握するためには対面面接の方が優れていることは間違いないと思われますが、一方で、受験者の日常の中で、志望者が楽な気持ちで面接に臨むため、本音や人柄が出やすい側面もあります。

  9. 採用活動における時間やコストの削減
  10. 面接会場のレンタル費や、そこに投入する人件費をかけずに面接を行うことが出来ます。遠隔地採用の場合、面接会場確保の手間や人事担当者の出張費も低減できます。


クラウド音声面接システムのフロー

本システムは次の流れで進行します。ただし、企業様のご要望により一部変更することは可能です。
下記の音声出題例をお聞きください。

企業様から質問音声を頂き、クラウド音声面接システムに登録します。

応募者が企業様に応募登録して氏名やメールアドレス、及び企業様が求める情報を登録します。

企業様は、面接を必要とする応募者に、クラウド音声システムのURLと問題番号・受験番号・パスワードをメール等で連絡します。

応募者は企業様から連絡を受けたサイトにログインして、企業様の質問を順次聞きそれぞれに回答をします。回答は期間内であれば何時でも、何処からでもできます。

企業様は応募者の保存された回答内容を、システムを通じて確認します。




クラウド音声面接システムのガイダンス例・音声質問例

下記のボタンをクリックすると回答のガイダンスと質問の例の音声を聞くことができます。質問の次に通常1分間の回答時間を設けますが、回答時間を長くしたり、短くすることも可能です。

音声の質問例は、あくまでサンプルです。ご担当者本人がご自分の言葉で録音して問題とすることができます。

ガイダンス例

説明1
説明2
説明3

音声質問例

質問1
質問2
質問3
質問4
質問5
質問6
質問7
質問8
質問9
質問10
質問11
質問12



クラウド音声面接システム利用の人数別予算例

クラウド音声面接試験システムの人数別の予算例を下記に示します。この予算は、JAGATオンライン試験システム(株)保有のシステム及びサーバーを利用して行う場合のシステム利用料です。

独自の面接システム構築の場合は、別途お見積りをしますのでご用命ください。また、100名以下の利用の場合で、ごく少人数利用の場合もお見積りでお安くご利用いただける場合があります。

100人未満の試験システム基本導入費500,000円
100人以上500人未満の試験システム基本導入費700,000円
500人以上1,000人未満の試験システム基本導入費1,000,000円
1,000人以上の試験システム基本導入費2,000,000円
1名あたりの試験システム利用料500円
  1. ◇1,000人以上の場合は、同時受験でない場合などではお安くなりますのでお見積りします。
  2. ◇上記の例は、音声回収の際の一時的利用容量(サーバー容量)によって異なります。利用期間なども勘案してお見積りします。
  3. ◇本システムでの受験者数は、現状では10,000人程度まで実証済みです。
  4. ◇次の費用は別途となります
  5. ・試験問題の録音、登録はいずれも1問あたり5,000円(複雑な条件の場合等は別途)

    ・試験運営の際の電話対応等のサポート費用



PAGE TOP